ひびきの歯科 (13).JPG

歯周病

歯周病.jpeg

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯茎の溝に汚れ(プラーク)が溜まった結果、細菌に感染し、慢性炎症が起こる病気です。歯周病になると歯を失うだけでなく、糖尿病、心疾患など、全身の健康にも影響を及ぼします。歯周病は痛みがほとんどないため、気づかないうちに症状が進行してしまうことが多いです。歯科医院での定期的なメンテナンスをおすすめします。

歯周病の治療

スケーニング

歯周病の進行が軽度の場合はスケーリングを行います。スケーラーという専用の器具で歯と歯茎の間にある歯垢・歯石を除去し、綺麗にすることで歯周病の進行を抑制・予防します。

ルートプレーニング

歯周病の進行が中度の場合はスケーリングに加え、ルートプレーニングを行います。汚染された歯根(ルート)の表面を、器具を使って削り取り、滑らかにします(プレーニング)。歯周病菌に感染した歯質を除去できるので、再び歯石や歯垢が付着することを抑えることができます。

歯周外科治療

スケーニングやルートプレーニングだけでは改善できない重度の歯周病は、歯周外科治療が必要となる場合があります。具体的には、歯ぐきの奥に隠れたプラークを徹底的に取り除く手術や、溶かされた歯周組織を再生させる療法などです。