ひびきの歯科 (13).JPG

小児歯科

小児歯科.jpeg

むし歯にならないお口を目指す

幼少期から定期的に歯科医院の検診を受けることは、将来的に健康的な口腔環境を維持することが期待でき、むし歯だけでなく不正咬合(噛み合わせがよくないこと)を未然に防ぐことも可能です。歯の状態は身体全体の健康にも大きく影響します。歯の生え変わり骨格の変化など、それぞれの成長過程に合った適切な歯科治療をする必要があります。

フッ素塗布

乳歯から永久歯に生え変わる時期は、乳歯と永久歯が混在し歯磨きがしにくく、歯が柔らかいため、むし歯の進行も早いです。歯科医院では歯質を強化できる高濃度のフッ化物が取り扱えるため、ホームケアでは難しいむし歯の予防ができます。

シーラント

永久歯がむし歯にならないよう、シーラントという予防手段があります。永久歯の溝をプラスチックで埋めて、汚れがたまらないようにします。

歯磨き指導

むし歯を予防する手段は複数ありますが、何よりも大切なのは歯磨きです。歯科医院では染め出し剤で磨き残しのチェックができます。口腔ケアの専門家がお子様に正しい歯磨きについてやさしく指導いたします。