ひびきの歯科 (13).JPG

矯正歯科

矯正歯科

大人の矯正治療

​マルチブラケット装置を用いた矯正治療

​歯の表面にブランケットと呼ばれる装置を接着し、ワイヤーを装着するします。比較的費用が安く丈夫なのが特徴です。大きく乱れた歯並びや噛み合わせにも対応できます。ただ、装置が大きいため、口内の異物感や見た目を気にされる人は多いです。見た目を気にされる方には、審美性に優れた「ホワイトニングワイヤー」の使用や、歯の裏面にワイヤー装置をつける「裏側矯正」をご提案させていただくことがあります。

マウスピース型矯正装置を用いた治療

透明なマウスピース型矯正装置を用いる方法です。​マルチブラケット装置と異なり、取り外しができるので、食事や歯磨きをするときも安心です。透明なプラスチック素材なので、見た目が透明で目立たず、金属アレルギーの方でも使用できます。ただ、歯並びの状態によっては使用できないことがあります。

子どもの矯正治療

早期咬合誘導 4歳~

マウスピースを用いて、乳歯の咬み合わせを誘導します。マウスピースは睡眠時にを装着していただきます。

1期治療 6歳~

乳歯と永久歯が混在している時期に、上下の顎骨の形やバランスを整え、理想的な咬み合わせに近づくように成長を誘導します。

2期治療 13歳~

2期治療は全ての歯が永久歯に生え変わった後行います。骨格の成長や歯の生え変わりに伴い、発生した問題点を治します。治療内容は基本的に大人の矯正治療と同じです。